着物のクリーニング、区別出来ていますか?

着物のクリーニング、区別出来ていますか?

洋服と違い、着物は頻繁に洗うものではありません。「衣類は清潔に保管するのが一番。一回着
たらクリーニングに出したい」という意見も聞きますが、着物は洗えば洗うほど劣化する可能性
があるのです。ましてや、やり方を間違えると悲惨な結果になってしまうことも。
着物の洗濯も色々ありますから、用途と特徴を覚えてみませんか?

○昔からある洗濯方法「洗い張り」・・・

着物をほどいて反物状態にしてから洗う「洗い張り」。一度着ただけでも付く汗ジミや皮脂の汚れ、
うっかり付けてしまった食べこぼし、ファンデーション、急な雨で出来た水ジミ・輪ジミなど、
ほとんどの汚れに対応できるのが、洗い張りとなります。
水を流しながら、プロの職人さんが丁寧に洗剤を付けて洗うので、繊維の奥に入り込んだ汚れも
取れ、仕上がりもふっくらするのでとっても綺麗。洗い張りそのものは、お店によって違いますが、
小紋ならだいたい1枚7,000円前後ですし留袖や振袖は10,000円と、意外とリーズナブルです。
ただし、仕立て代は別に掛りますから、クリーニングとしては一番高い方法と言えるでしょう。

○着物を仕立てたまま洗える「丸洗い」・・・

「何となく着物が薄汚れてきた」「袖口や裾の摺れ汚れが気になる」なんて時におすすめなのが、
丸洗いです。仕立てたまま、揮発剤でドラム洗浄するので、手軽でリーズナブルなのが魅力と言
えます。
ただし店舗によってやり方は分かれ、費用にも幅が出ますから、クリーニングに出す際は細かい
チェックが必要でしょう。

○シーズンの終わりにクリーニングするなら「汗抜き」・・・

着物を着た時にいくら汚さないようにと気を付けていても、汗はどうにもなりません。暑い季節は
もちろんですが、涼しい時期も汗をかく時はあります。汗は見えなくても、時間が経つと表面に
出てくる場合もありますから、気になったらシーズンの終わりに点検をして「汗抜き」をしても
良いかも知れませんね。

○シミ一つで金額が決まる「シミ抜き」・・・

食べこぼしやファンデーションなど、ついつい作ってしまったシミは、処置が早ければ早いほど
綺麗に落ちます。洋服の場合は、すぐに水洗いをすると効果的ですが、和服特に正絹ではタブー
と言えるでしょう。取りあえずシミが広がらないようにハンカチなどで水分を押さえてから、
シミ抜きに出すことが原則です。
ただし、シミ抜きは「一カ所2,000~3,000円」とも言われています。泥ハネなどは、シミは
大小合わせて数十カ所になる場合もありますから、シミ抜き代も合計数万円になることも少なく
ないのです。
まずは見積もりを出して貰ってから、シミ抜きに出すかどうか検討しましょう。

○気が付いたらすぐに「部分洗い」を・・・

袖口や裾、襟など日常的に汚れやすい場所は決まっています。気になったら、まず「部分洗い」
をお願いしてみるのも良いかも知れません。汚れが新しい場合なら2,000円程度で綺麗になりま
すから、おすすめです。ただし古い汚れとなると割高にもなり、落ちにくく着物そのものが変色
してしまう場合もありますから、ご注意下さい。

○自分で出来る「簡単お手入れ」とは・・・

着物のクリーニング、区別出来ていますか?
着物は普段のお手入れが大切です。着物を脱いだら、すぐに箪笥に片付けず、ハンガーに干して
汗や水分を飛ばして下さい。
また皮脂やファンデーションなど、油性の汚れなら揮発剤のベンジンが有効と言われています。
ベンジンは薬局などで1本数百円で購入できますから常備しておき、着物を片づける際は襟や
袖口など直接肌に触れた場所を拭きましょう。ガーゼやさらしを使い、たっぷりとベンジンを
しみ込ませるのがコツです。

着物のクリーニングも色々あります。まずは何の汚れなのかを確認して、次のステップに進み
ましょう。信頼し相談できる呉服屋さんやクリーニング店を普段から見つけておくと、助かりますよ。

千代田区 着物クリーニングのご相談はお気軽に

店舗案内